スマドラこと「スマートドラッグ」の名前の由来は一体何?

スマドラという名前の由来

スマドラという名前の由来

スマートドラッグは人間の脳や身体機能などの能力を高める効果があるサプリです。病気の治療や予防、苦痛などの緩和に特定の働きを及ぼすことできます。

頭が良くなるサプリメントとして人気があり、ヨーロッパではデアノールと表記されています。スマートドラッグという名前から薬と思われがちですが、健康食品としてのサプリメントに該当します。

日本では頭の良くなる薬や栄養素として扱われており、略してスマドラと言われています。海外ではヌートロピックと呼ばれていて、脳の認知能をアップさせる薬という意味があります。

海外では頭の良くなる栄養素を、スマート・ニュートリエントと呼んでいます。スマートドラッグには脳の神経伝達物質などの成長を促す作用があったり、神経化学物質などの供給量を調節する働きがあり、短期間で集中力を向上することが可能です。

実際服用した人によると、思考がクリアとなったり、もやもやが消えたなどの意見が多くあります。脳機能がアップした効果や効能を実感することができることから、「スマートドラッグ」という名前の由来でもあります。

スマドラの仕組みは、まず脳に対して働きかけるために、脳内に栄養素を運ぶ必要があります。サプリメントなどを摂取し補充した栄養素は、脳へ血液中から栄養素として自由に入るため、血液脳関門を通過しないと脳へ移行できません。

血液脳関門は脳にあらゆる栄養素を認識したり、細胞の移行を実施するかしないかと判断することが可能です。

スマドラは酵素の働きなどによって栄養素をアセチルコリンなどに変化することによって、血液脳関門を通過することができ、脳に機能することが可能になります。

脳内にアセチルコリンの産生が高まることによって、脳の働きが活発になったり、記録回路が活性化されることによって、記憶力や集中力などの向上をサポートすることが可能です。

抑うつ症状ややる気が出ないなどの気分的な落ち込みも解消する効果が期待されています。

アセチルコリンは記憶や睡眠、目覚めの神経伝達物質なので、スマドラを摂取することによって、アルツハイマーや遅発生ジスキネジーなどの治療でも効果が期待されるでしょう。

イライラした気分や不安を抑制したり、気分を安定させる効果もあり、ポジティブな気分になったり安眠に繋がる副次的効果もあります。

スマートドラッグを始めたことで、疲れやすさが減ったり、少ない睡眠量で疲れを取ることができるという意見も多くあります。