スマートドラッグはリピートして定期的に購入するべき?

スマドラはリピート必要?

スマドラはリピート必要?

スマートドラッグというのは、学習能力や記憶力、知的能力、集中力を高めるとされる薬の総称で、もともとは1990年代の後半にアメリカの学生の間で流行したものです。

スマートドラッグは、現状では医師の指導がなくても、海外から個人輸入をすることができ、近年では受験生や資格取得のためなどに勉強をする社会人の間でもブームとなり、スマドラと呼ばれています。

ただ、スマートドラッグは、他の向精神約を転用しているだけというものが多く、臨床試験も十分なデータがないことが多く、ほとんどが日本国内では未承認で、有効性や安全性などが確認されていません。

そのため、自己判断で複数の薬を飲みあわせたり、多量に摂取してしまうと、相互作用や副作用を起こすリスクが高くなってしまいますから、注意が必要です。

ドラッグと聞くと、違法なイメージが強いかもしれませんが、スマドラは違法薬物ではなく、サプリメントや栄養素、合法の医薬品などを含めると、広い範囲を指しています。

脳の神経伝達物質や、ホルモン、酵素などの神経科学物質の供給を増加したり、酸素供給量を向上させるなど、スマートドラッグは神経の成長を促進することで、頭をよくすることができると考えられています。

ごく一部は、処方箋医薬品で、アルツハイマー病やパーキンソン病、認知学習障害などの治療や低酸素症を防ぐ目的として使用されていますが、医療目的以外の認知能力向上を目的とした多くの人によって、使用されているのが現状です。

リピート必須とされているこのスマートドラッグは、服用することで、神経伝達物質の消耗を防ぐことができ、結果的に頭の働きのパフォーマンスの低下を防ぎ、学習能力、処理能力、レスポンスの悪化を抑制することができます。

また、脳のエネルギー、酸素の供給や神経成長刺激、神経保護などの一般的な脳の働きを改善させる効果があり、記憶力が改善し、学習能率を上げることができます。

スマドラは、もともと1990年代後半に、アメリカの大学生の間で流行したもので、過眠症やADHDなどの患者に処方される薬を、勉強用にと使い出した学生から、日本にも劇的に広がったものです。

脳の中枢神経に作用して、集中力を高めるということから、スマドラとして流行していきました。

ただ、気をつけないといけないことは、薬が切れたあと、倦怠感があり、スマドラを飲まないと勉強ができなくなるという人もいたり、効果が切れた時には、頭痛がひどくなり、仕事にも支障がでるといったケースもありますから、使用する場合は注意が必要です。