手汗は完治しないって本当?

多汗症の手汗はなぜ完治しない?

多汗症の手汗はなぜ完治しない?

多汗症は文字通り、手の汗が発生したり日常生活に支障をきたす悩みです。

手汗が増えてしまうと、紙の書類を汚してしまったり、人の手に触れるのが難しくなるといった問題が発生します。

原因には精神的なものと神経的な2つの要因があって、ストレスを発散するように取り組むと改善する傾向です。

ただし、重度の多汗症は発汗に関係する神経の働きが強いので、どのような取り組みをしても完治には至らないのが一般的です。

手汗を抑える塗り薬も、イオンを導入する治療も対症療法に過ぎませんから、一時的に症状が抑えられてもケアを止めれば元通りとなります。

完治に最も近いとされるのは神経の遮断で、ボツリヌス菌を使ったりクリップで遮断するやり方などがあります。

いずれも手汗の発汗は弱まりますが、完全に止まるかどうかは多汗症の症状次第ですし、再発のリスクもないとはいえないので、それだけ多汗症は強力で厄介です。

多汗症の手汗は完治しないが改善できる?

多汗症の手汗は完治しないが改善できる?

多汗症の手汗が生活に与える影響は非常に多いようです。

道具を使用する職業人では、美容師などハサミが滑って仕事がしずらいといったものから、楽器奏者が楽器がしっかり持てずに演奏しずらいと感じたりなど様々です。

デスクワークの会社員では書類が湿ってやぶけそうになったり、ビジネスマンとして握手をする場面で気が引けるなどといった多くの悩みがあげられます。

多汗症はその程度によって軽度、中等度、重度という基準が設けられています。

軽度では手のひらの汗が光の反射で辛うじて目視できるレベル、中等度では明らかに手のひらが濡れているがしずくが垂れるほどではないレベル、重度では手のひらを握って開くと汗がしずくになって垂れるレベルです。

軽度から中等度では薬によって一時的な改善をはかったり、重度では内視鏡による手術で改善を図ることができます。

完治しない多汗症の手汗と上手く付き合っていく方法は?

完治しない多汗症の手汗と上手く付き合っていく方法は?

多汗症の手汗の改善には、過敏になりすぎた交感神経からのアセチルコリンを抑える薬や、市販されている制汗剤にも使われているアルミニウムが配合された塗り薬を使用する対処法があります。

これらには人によって副作用が現れる場合もあります。

また内視鏡手術によって背骨の付近にある交感神経の束を切断するといった手術もありますが、手汗を減らすことで別の場所が多汗になる代償性発汗といった症状が出る場合もあります。

放熱が低下して暑いと感じるようになったりと、完治するのは簡単ではありません。

そもそも交感神経が過敏になるのは、遺伝などによる体質である他ストレスであったりホルモンの乱れによるものであったりと原因はさまざまです。

上手く付き合っていくには医師とよく話をして、根本原因にはたらきかけるよう試みたり、本人の悩みの重症度で治療法を選択したりすることが大切です。