スマートドラッグを毎日飲むと危険?依存性があるの?

スマドラの依存性について

スマドラの依存性について

スマートドラッグはスマドラとも呼ばれ、集中力が高まり、眠くならずに目が冴えるといった効果のある薬で、頭が良くなる、集中力や記憶力がアップするということで、若者の間で人気となっています。

スマートドラッグという名前から、非合法の危ない薬のようなイメージを持つひともいるかもしれませんが、本来はアルツハイマーやADHD、てんかんなどの治療薬として使用されている薬物です。

服用すると、脳の一部で血流量と酸素消費量を増大させて、記憶の処理に関係のある神経伝達物質アセチルコリンの機能を、向上させる効果があるとされています。

こういったスマートドラッグは、脳機能を向上させて、記録力を改善させる効果があるということから、若者を中心として人気となっています。

もともとスマートドラッグというのは、1990年代後半に、アメリカの大学生の間で、勉強に集中できるということからはやりだした薬で、その後日本でも頭が良くなる薬として知られるようになりました。

現在では、子供にスマドラを親が飲ませているというケースもあり、問題となっています。

子供はまだ脳が未発達ですが、そういった時に医師の処方箋もなくスマドラを与えることで、どのような影響を与えるのかがわからず、身体にも耐性ができてしまうため、どんどん服用量が増えてしまい、依存性もあることから、依存症に陥る状態になってしまいます。

人は、一度依存症になってしまうと、なかなか抜け出すことができなくなってしまいますし、違法薬物に対しても抵抗感を持たなくなってしまうという危険性もあります。

本来のスマートドラッグは、精神科医が処方する精神薬を指すことがほとんどですが、現在では個人が気楽に海外から個人輸入をする人が増え、耐性がついてしまって依存症になり、精神科に駆け込むということが問題となっています。

スマドラは、脳の中枢神経に作用して、集中力を一カ所に集中するという効能に着目した学生が、脳神経系の薬の中で、勉強に使えるとして、流行していきました。

ただ、覚醒剤と同じ症状がでるスマドラもあり、薬がきれた時の倦怠感は避けがたいものがあり、飲まないと勉強ができなくなるというケースも少なくありません。

また、薬の効果が切れてしまった場合には、眠気が強烈に襲い、仕事にも支障がでる場合もあります。

中には、中枢神経に作用する覚醒剤のような薬や、副作用が強い薬などもあり、腎機能や肝臓機能への障害だけではなく、認知症のリスクもあがるなど、副作用が深刻なものもありますから、安易に個人輸入で手にするのは、危険と思った方がよいでしょう。